スポーツ外傷

ケガには安静が一番と分かっていてもなかなか練習は休めないものです。

痛いままスポーツを続けていると、パフォーマンスが発揮できないのはもちろん、ケガが悪化する可能性もあります。

症状によりますが、当院では練習しながらの治療にて損傷を最小限に抑え、早期の競技復帰をめざし治療しております。痛みがあるがどうしても試合に出なければいけない時などは、試合日程に合わせテーピングもしています。しっかりと治療しスポーツを楽しみましょう!

スポーツ中にケガをしたら…

[損傷や炎症を最小限に食い止める為にRISE処置をしましょう!]

Reset(安静)

全身やケガの部位の安静を保つ事により心拍数や血圧が抑えられ、損傷部分の出血量が減少します。

Icing(冷却)

出来るだけ受傷直後から行い30〜40分継続的に冷やすのが理想的です。

Compression(圧迫)

弾力性包帯などで圧迫する事により出血に対して周囲の圧をかため内出血や浮腫を防ぎます。

包帯の間に氷やアイスパックを挟めば冷却と同時にに行う事が出来ます。

Elevation(拳上)

患部への血流量を減少させ、出血を吸収しやすくします。

足を拳上する場合、枕やタオルを使い心臓より高い位置に持ち上げます。

診療時間

所在地

月曜日〜土曜日 午後8時まで受付

〒683-0805 鳥取県米子市西福原9-20-15

☎:0859-22-6611

休診日

日曜日・祝日

© 2015 いのうえ整骨院

いのうえ整骨院 LINE@
こちらでご予約いただけます
いのうえ整骨院 instagram
僕の日常もアップしてます👨‍⚕️

アクセス